■ 本社                   〒177-0045  東京都練馬区石神井台1-10-1 VISTAビル
■ 三原台オフィス 〒177-0031  東京都練馬区三原台2-1-1 木田ビル 1F

東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県

無料お見積り・ご相談メールでのお問い合わせ

メニューを開く

blogスタッフブログ

2022/04/25

【2022年版】西東京市で使えるリフォーム補助金のまとめ

【2022年版】西東京市で使えるリフォーム補助金のまとめ 画像

目次

1.こどもみらい住宅支援事業(全国)

2.断熱リフォーム支援事業(全国)

3.西東京市民だけが使えるリフォーム支援

《1》自立支援住宅改修費助成サービス(西東京市)

《2》高齢者住宅改造費給付サービス(西東京市)

《3》緑と花の沿道推進事業補助(西東京市)

《4》「雨水浸透施設等」設置費用の一部助成(西東京市)

《5》木造住宅耐震診断助成制度(西東京市)

《6》木造住宅耐震改修等助成制度(西東京市)

《7》木造住宅耐震シェルター等設置助成制度(西東京市)

4.まとめ

《株式会社ビスタは練馬区のリフォーム会社として今年初めに丸10年を迎えました!》

おかげさまで東京都内を中心に大小合わせて年間2000件のリフォーム工事を請けております。

今回の記事では、特に一般住宅のお客様からよく質問される「リフォーム補助金」についてまとめてみました。

地域に関係なく全国で使えるものと西東京市にお住まいの方限定で利用できるものについて解説していきます。

こどもみらい住宅支援事業(全国)

《カーボンニュートラルの実現に向け、省エネ改修などに対しての費用が補助される住宅支援事業》

■対象

全国の既存住宅(戸建て・集合住宅所有者)

■改修の内容

(1)玄関ドアや窓の断熱改修

(2)外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

(3)節湯水栓・節水型トイレなどエコ設備の設置

その他の工事も上記(1)〜(3)のいずれかの項目と同時に行うことにより補助対象となります。

(ビルトイン食器洗い機・宅配ボックス・耐震改修・バリアフリー化・空気清浄機能付きエアコン・リフォーム瑕疵保険など)

■補助の上限

原則一戸あたり30万円

ただし下記の2つの条件にあたる方は上限が最大60万円まで引き上げられます。

① 子育て世帯または若者夫婦世帯が、自ら居住する住宅に行うリフォーム工事である

② 工事発注者が、自ら居住するために購入した既存住宅(中古住宅)に行うリフォーム工事である

■期間

2022年3月28日〜2022年10月31日工事完了分まで ※予算状況により早期終了する場合あり

対象となるメーカー商品や各工事項目の補助金額など、さらに詳しく知りたい方は下記の記事をご確認ください。

関連記事:超おすすめ!こどもみらい住宅支援事業のリフォーム補助金は何に使える?

既存住宅における断熱リフォーム支援事業(全国)

《省CO2関連投資によるエネルギー消費効率の改善と低炭素化を総合的に促進し、 高性能建材を用いた断熱改修における費用を支援》

■対象

全国の既存住宅(戸建て・集合住宅所有者)

■改修の内容

(1)高性能建材(ガラス・ドア・断熱材)

※以下は上記(1)の項目と同時に行うことにより補助対象

(2)家庭用蓄電システム

(3)家庭用蓄熱設備

(4)熱交換型換気設備等

■補助の上限

各工事項目ごとに上限があり最大120万円 補助率1/3以内

■期間

交付申請受付:2022年3月14日〜2022年6月3日まで ※実績報告は12月2日まで

申請の手引きやよくある質問などの詳細は下記ページをご確認ください。

【全国対象】既存住宅における断熱リフォーム支援事業

西東京市民だけが使えるリフォーム支援

西東京市にお住まいの方だけが使えるリフォーム支援をご紹介します。

一戸建ての耐震改修や高齢者向けの自宅改修が補助の主旨となっており、昭和56年5月31日以前に建てられた旧耐震基準の建物に対する助成が多くなっています。

それではリフォーム支援の名目ごとに分けてご紹介していきます。

《1》自立支援住宅改修費助成サービス(西東京市)

65歳以上で介護保険認定で非該当と認定され、サービスが必要と認められる方。

手すりの取付け、床段差の解消、滑りの防止・移動円滑化のための床材の変更、引き戸等への扉の取替え、洋式便器等への便器の取替え、その他これら各工事に伴う必要な工事が対象となります。

■補助金額

上限20万円

《2》高齢者住宅改造費給付サービス(西東京市)

65歳以上で介護保険認定で要支援または要介護と認定され、もしくは事業対象者でサービスが必要と認められる方。

浴槽、流し、洗面台の取替え及びこれに附帯して必要な給湯設備等の工事が対象となります。

■補助金額

上限37.9万円

《3》緑と花の沿道推進事業補助(西東京市)

道路沿いに新たに生垣及び花壇の造成、フェンスの緑化並びにそれらに伴う既存のブロック塀、万年塀等を撤去しようとする方へ必要な経費の一部が補助されます。

宅地と道路との接道部の緑化を推進するとともに、併せてブロック塀等の倒壊による災害の発生を防止することを目的とした制度です。

■補助金額

生垣の造成:1メートル当たり10,000円とし、20メートルを上限

花壇の造成:花壇延長1メートル当たり10,000円とし、20メートルを上限

フェンスの緑化:緑化延長に1メートル当たり2,000円とし、20メートルを上限

《4》「雨水浸透施設等」設置費用の一部助成(西東京市)

浸水被害の軽減のため、屋根に降った雨を地中に戻すために、雨水浸透施設、雨水タンクの施設設置に対する費用の一部を助成しています。

■補助金額

雨水浸透施設(雨水浸透ます雨水浸透トレンチ):上限15万円

雨水タンク:上限11万円

《5》木造住宅耐震診断助成制度(西東京市)

昭和56年5月31日以前に建築された市内に存する木造住宅で、現に所有者が居住している住宅を対象に耐震診断費用の一部が助成されます。

■補助金額

耐震診断に要した費用の2分の1以内 上限6万円

《6》木造住宅耐震改修等助成制度(西東京市)

昭和56年5月31日以前に建築された市内に存する木造住宅で、現に所有者が居住している住宅を対象に耐震改修費用の一部が助成されます。

■補助金額

耐震改修:耐震改修に要した費用の2分の1以内 上限90万円

除却または建替:除却または建替に要した費用の3分の1以内 上限30万円

《7》木造住宅耐震シェルター等設置助成制度(西東京市)

市内の一定の条件を満たす木造住宅の耐震シェルター等の設置費用の一部が予算の範囲内で助成されます。

■補助金額

耐震シェルター等の設置費用の10分の9以内 上限30万円

各補助制度のより詳しい内容や申請手続きなどについては西東京市のオフィシャルサイトをご確認ください。

まとめ

全国で使えるリフォーム補助の主旨は2050年の目標に向けた温室効果ガスの削減・子育て世帯の家事負担の軽減や福祉に関連するものが多くなっています。

西東京市民だけが使えるリフォーム補助は、高齢者への自立支援や耐震改修に関連するものが多いようです。

今回は東京都西東京市で使えるリフォーム支援についてご紹介いたしました。

健やかで省エネな暮らしを実現するためにリフォーム補助金を活用してみてはいかがでしょうか。

西東京市のリフォームのご相談は、ホームページ・公式LINE・またはお電話にてお気軽にお問い合わせください。

VISTA|リノベ不動産 会社紹介

自由設計の中古注文住宅で理想の我が家を手に入れませんか?

ビスタ|リノベ不動産では、家探しから設計施工・入居後のアフターフォローまでを一社完結型サービスでご提供しております。

新築物件のご案内や不動産仲介のみ、リフォーム・リノベーションのみのご依頼も承っております。

ぜひお気軽に当社ショールームまで足をお運び下さい。

無料カタログ請求はこちらまで

リノベーション施工事例はここをクリック!

住所:東京都練馬区石神井台1-10-1 VISTAビル

電話番号:03-5935-7348

MAIL:info@vista.tokyo

本社ショールーム

リノベーション

リフォーム

無料のカタログ
ご用意しています

お気軽にご請求ください!
スタッフが大急ぎで発送します。

お問い合わせはこちらお問い合わせはこちら

LINEを使って簡単にお問い合わせができます!LINEを使って簡単にお問い合わせができます!